6月リリース  1st album “You don’t know yet how to taste seasonal change.”

release

Title;
"You don't know yet how to taste seasonal change."

Release Date;
2022年6月(予定)

Content;
01. in the closet
02. milk
03. She is ironic
04. 幽体離脱
05. orange
06. Room303
07. slowly
08. 1837
09. Off my chest
10. What day?
11. baking soda
12. Waves
13. sugar

ダウンロードはこちら

ストリーミングはこちら

album notes

 

季節の変わり目といえば、
体調不良を訴える者
変質者の増加だったり理由の分からない倦怠感。
世間ではネガティブなイメージでとらわれがちである。

 

(人間関係、恋愛、社会、未来に不安を抱いたり、もやもやなど…)

 

ドーパミンやセロトニンの
変化からくる自律神経の乱れ
喜怒哀楽の境目が上手く分かりづらくなったり
周りで起こる事象の捉え方も
変わってくるからこそ
劇的ではっきりとした色味では無いが
淡い記憶として頭の片隅に根深く残って
そのタイミングで生まれは消えていく
言葉や音楽達を一枚の作品にしてみようと思った

 

今回のアートは現実と対比しないべきだと
輪郭が見え始めてから
いわゆる現実逃避を提起するというよりは
もっと日常生活の美しい部分と正面から向き合ってほしいというテーマ性を持ったアルバムになったと思う。
誰かにとっては当たり前の1日でも
そこにヒントは転がっていてB級映画の主人公を沢山作っていくような楽しい作業だった。

 

自己肯定感「セルフエスティーム(self-esteem)」が低いときは
わざわざポジティブな言葉を無理矢理に選ぶ必要はない
むしろ過大評価とは真逆で
自分自身を改めてちゃんと理解することであり
自己犠牲の上に自分の価値を決定づけるものではないのだ。

 

音楽は日々の変化と共に形を変えて
時空に分散し我々の生活に溶け込み
漂っている
そして、あるときは羊水の様に
あらゆる衝撃から身を守ってくれる。

 

季節の変わり目がいつ訪れるかは、人によって違うかもしれない。
でも、必ず向こうからやってくる。

 

この、”季節の変わり目”という
誰にでも訪れるイベントを今回のアルバム
(You don’t know yet how to taste seasonal change.)
というフィルターを通して楽しんでほしい。

 

written by you to lie.

back to all back to top